県民共済の本当の生命保険と評判について

テレビなどのメディアでよく見る無料保険相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。

なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。

基本的な流れとしてはネット上の申し込みフォーム等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをした家族構成やライフプランなどから保険を提案します。

再度、どういった内容がライフプランにと合っているか保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

保険の募集や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともどちらとも言えない状態です。

保険に関しての相談をするにはさまざまな方法があります。

自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、CMなどでもおなじみとなっているような会社の実店舗にまで行ってみたいという人ももちろんいるでしょう。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、利用する方も気軽です。

家まで呼んだり、カフェなどプライバシーが心配な場所でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、来店型が合っているかもしれませんね。

保険についての見直しに料金がかからないだけでなく、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

もらうためにはどうすれば良いのかというと、実際に面談をすれば良いだけだったり、必要なところではアンケートに回答したりします。

額は数千円ほどが多いようですが数社受ければ大きなお小遣いになることは間違いありません。

注意しなければならないのは、プレゼントの方が目的ではないので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

初めてのサービスや気になるものを買うときにみなさんどうしていますか?インターネットでそれについて調べるという人が多いと思います。

保険の見直しをやってみようと思い調べていたら保険相談無料ドットコムというウェブサイトを見つけました。

街中に店舗を構えているわけではないので相談者の都合のいい時間に自宅やカフェなど好きな場所で面談をしてくれるようです。

様々なことを確認するので落ち着いて話ができる自宅で相談している方が多いようです。

また、勧誘方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、保障内容の確認だけでもいいみたいなので安心ですね。

お金のかからない保険相談を利用したとき、やめたいならやめると言ったら良いわけですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたり自分のために資料をそろえてもらっていたりすると、提案内容に不満が残ったときに少し困りますね。

自分のお金、さらに人生に関わることなので、すぐに決められないということもあるでしょう。

断り方としては例えば、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

なかなか解決しない場合は会社にあるサポートを利用しましょう。

評判の良し悪しを気にする職業と聞いて、どんな職業を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は無料保険相談サービスを行なっているFPもとても気にしているんです。

その理由としては無料相談サービスでは相談者が提案された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

参考:県民共済と普通の生命保険の違いとは?【どっちがいいの?】

例えば、人から何かを勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じる人がいます。

そういう方の中には、無料保険相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立ってくれるFPなら止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

近年、ペットの家族化を対象にしたビジネスが増えています。

例を挙げると、「ペット保険」や「ペット供養」のことです。

ペット保険とは、動物病院で病気の治療をかかった際の治療費用を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあるそうです。

ただし、毎年接種しているワクチンについては適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

気になる方は、CMなどでも聞いたことのある無料保険相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする無料保険相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の確認をしてもらえます。

その場合は、加入中の保険証券などを持っていくとより現在の契約内容がわかりやすくなります。

保険の無料相談サービスをしているところは、われわれの想像以上にたくさん存在します。

その中で間違いない会社を選びたいなら、おすすめはFPさんの質が高いところです。

実際に数社と面談を行った人が話すには、それぞれのFPさんによって、話す内容が同じでもいろいろ幅のある提案がされるようです。

面談だけでなく、契約、アフターケアと関係が続くFPさん。

客側の希望を含めてプランを決めるのはもちろんですが、心から納得できるプランを提案してくれるような人にお願いしたいところですよね。