【おまとめローンの審査は甘い?】

おまとめローンを利用することで利息を減らせ
TOP PAGE > おまとめローンを利用することで利息を減らせ

おまとめローンを利用することで利息を減らせ

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2018 おまとめローンの審査って甘いの?2chで話題の銀行は? All Rights Reserved.

ページの先頭へ