【おまとめローンの審査は甘い?】

マイカーローンの返済期間は平均5年か
TOP PAGE > マイカーローンの返済期間は平均5年か

マイカーローンの返済期間は平均5年か

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンを利用する際に一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがフリーローンで対応することができます。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており申込時に収入証明書が必要になります

ただいまの時刻








Copyright (C) 2018 おまとめローンの審査って甘いの?2chで話題の銀行は? All Rights Reserved.

ページの先頭へ