【おまとめローンの審査は甘い?】

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめロー
TOP PAGE > 埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめロー

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめロー

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが専業主婦の方は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの審査でつまづいている人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2018 おまとめローンの審査って甘いの?2chで話題の銀行は? All Rights Reserved.

ページの先頭へ