【おまとめローンの審査は甘い?】

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金
TOP PAGE > おまとめローンはいくつもの金融機関から借金

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら外へ出かける必要もなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2018 おまとめローンの審査って甘いの?2chで話題の銀行は? All Rights Reserved.

ページの先頭へ