ニキビには紫外線が大敵

紫外線を浴びると肌は乾燥してしまいます。

日焼け止めを塗って紫外線が肌に吸収されることを防ぐ事はある程度は出来ますが、それでも紫外線によって肌が乾燥してしまうのを防ぐ事はなかなか出来ません。

肌が乾燥すると毛穴は開きやすくなってしまいます。

毛穴が開くと肌の中の水分も蒸発してしまうので、肌の乾燥はスピードアップして悪循環になってしまいます。

そして、肌の防衛本能によって皮脂分泌が過剰になり、その結果、毛穴が詰まってニキビとなってしまうのです。

ニキビが出来ないように紫外線を全く浴びない生活をしようと思っても、それはあまり健康的ではありません。

紫外線は肌を乾燥させてしまうというデメリットもありますが、髪の黒さや眼球の黒さなど、私達の体にはメラニンを必要としている部位もあります。

また、全く外出しないというのもなんとなく人生をムダに過ごしているような気がしませんか?そのため、アウトドアをエンジョイして紫外線を浴びたときには、アフターケアをきちんと行なう事でニキビを予防する事が大切です。

紫外線を浴びて顔がほてった状態の場合には、まず最初に火照りを取り除くために肌を冷やしてあげながら、肌の保湿を最優先に行いましょう。

肌が乾燥してはニキビの原因になってしまいますから、肌の乾燥を少しでも抑えることが大切です。

紫外線の浴びすぎはニキビの原因にもなりますが、肌の内側でメラニンが生成されてしまうとシミやソバカスなどの原因にもなってしまいます。

日焼け止めはできるだけSPFの高いものを使うように気をつけましょう。