MOS 資格取得方法

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格は、WordやExcel、パワーポイントなどのマイクロソフトが提供する各種ソフトの利用スキルを証明するための資格です。

家庭や企業などでもパソコンの利用が当たり前になっており、標準的なマイクロソフト社のソフトを利用するパソコンが主流のため国際的な物差しとしてMOSがあげられます。

MOSを取得すると就職に便利です。

プログラマーやシステムエンジニアなどは持っていて当たり前の資格。

大卒で企業に入社する新卒者はできるだけMOS資格を取得するべきでしょう。

多数の企業では社員教育の一環としてMOSを取得することを奨励しているようです。

このMOSの資格を取得する方法は試験に合格する事が大前提です。

MOSの試験は、一斉に行う試験と随時行う試験があります、いずれも会場で受験する形式を取っています。

資格取得に向けては独学や対策講座の受講などで学習することができます。

実際のマイクロソフト社のアプリケーションソフトをPC上で操作する実技試験なので、マイクロソフト社のアプリケーションソフトを日常的に利用している方であれば、難なく試験に臨むことができるといえるでしょう。

MOSの資格試験は、受験後すぐに判定が出されます。

即日MOS資格合格の称号を受け取ることができますので、即履歴書に堂々と「MOS合格」を記載することができます。

MOSの受験出題範囲は、マイクロソフト社のMOSのHPで確認することができますのでチェックしたのちに勉強をされるとよいでしょう。