飲酒と抜け毛の関係

ほどほどの量である限り飲酒は身体には良いものとされています。

血行を良くし、神経をリラックスさせる効果があります。

頭髪にとっても血行が良くなるために悪いことではありません。

しかしこれはあくまでも「適量」を守っている場合の話です。

飲酒も量が過剰になり、しかも毎日飲酒するようになってしまうと、毛髪にとっては大きなダメージとなります。

まずアルコールを代謝するには肝臓の機能が欠かせませんが、肝臓がアルコールを代謝する際には「システイン」および「メチオニン」と呼ばれるアミノ酸を大量に必要とします。

アルコールを多く摂取すればするほど、このシステインやメチオニンはどんどん使われてしまい、身体の他の場所にはまわせなくなります。

そこで困るのが頭皮の内部です。

毛母細胞の中で毛乳頭が毛髪を形成する際にはシステインやメチオニンは欠かせない成分です。

アルコールを過剰に摂取したために肝臓で失われてしまったシステインやメチオニンは他から調達することはできません。

そのため髪を作る機能が阻害され、抜け毛が急増することになります。

また深酒をするとついつい寝不足になってしまいます。

睡眠時間が短すぎることは抜け毛の大きな理由となります。

また飲酒をする際には脂質の多いつまみなどを食べることが多くありますが、この脂質のとり過ぎや、これによる栄養の偏りなども脱毛を引き起こします。

飲酒する際には自分なりの定量を定め、それを越えないようにしましょう。

また週に2日は休肝日を設けて、肝臓をいたわるようにしましょう。