アロマテラピー効能

アロマテラピーは、花などの自然な香りを利用する事で、精神のリラックス効果が高い精神療法としてとても人気があります。

アロマテラピーでは嗅覚を主に刺激するので、嗅覚を通して精神を落ち着ける効能はなんと言ってもアロマテラピーの数ある効能のうちでも代表的なものと言えるでしょう。

アロマオイルなどを使ったマッサージなどでは毛穴の中からアロマオイルの成分が血液中に吸収されることで、いろいろな効果が期待できるようです。

もちろんアロマオイルも幸せな気分に浸ることができる香りが使われているので、毛穴からオイル成分が体内に入ると同時に、嗅覚から精神に対する沈静作用もあるので、アロマオイルを使ったアロママッサージなどをすると、肉体もリラックスできますし、精神的にもリラックスする事ができるという一石二鳥の効果が期待できます。

アロマオイルの中に含まれている成分は、アロマテラピーの根源でもある花などの植物が原料として使われていることが多いようです。

例えば、カモミールなどは筋肉の鎮静作用があるといわれていますし、ローズマリーは血液をサラサラに整えてくれる効用があるといわれています。

また、ラベンダーには止血作用がありますし、グレープフルーツにはリンパ腺を刺激する働きがあるので痩身効果も期待できそうですね。

このように、どの香りを選ぶかによっていろいろな効果を楽しむことができるのも、アロマテラピーの魅力と言えるでしょう。