【おまとめローンの審査は甘い?】

おまとめローンの審査って甘いの?2chで話題の銀行は?
TOP PAGE >

おまとめローンとは?

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

参考:http://www.urbanwallflower.com/

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

消費者金融もおまとめローンは可能なの?

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており銀行カードローンに使う事はできません。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用するとバラバラな返済日を一括管理することができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

多重債務者の為に提供されているおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンの審査が難関な人とは?

おまとめローン審査が難関な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンを利用することでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンをやっている金融機関の多くはホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。


ただいまの時刻








Copyright (C) 2018 おまとめローンの審査って甘いの?2chで話題の銀行は? All Rights Reserved.

ページの先頭へ